販売店業者様へ、産地直送の胡蝶蘭を全国配送・販売

有限会社 おぎの蘭園

平日9時〜17時 土祝9時〜12時、日曜休

048-587-1231

はじめての方へAbout Ogino Orchids

胡蝶蘭の育て方・管理方法

基本編

湿度
胡蝶蘭の管理において、温度管理はとても重要です。特に冬の寒さは大敵です。
真冬でも最低限5℃以上、欲をいうと10℃以上は欲しいところです。
5度以下の環境に1日中さらされたら、花は鈴蘭のような形に萎れ、葉はみるみる元気を失い、多分数日で胡蝶蘭は死んでしまいます。
真冬の時期は、一般家庭では真夜中でも余熱の残っている部屋へ移動してあげてください。土、日が休みの会社のオフィス等では、狭い部屋に移動して、エアコンを最低温度で結構ですのでスイッチをオンにしてあげると理想的です。
年間を通じて昼20℃~30℃ 夜10℃~20℃位が理想的です。

ちなみにおぎの蘭園では一年を通して、花の咲いている温室は昼約25℃・朝夕約21℃・夜約18℃、株を育成している部屋は昼約32℃以上・朝夕約28℃・夜約25℃で管理しています。
光
胡蝶蘭には直射日光は禁物です。日の光の強い日中は要注意!レースのカーテンごしがベストです。日が当たらなくても1ヶ月位は大丈夫です。しかしできれば1日2,3時間の弱い光で結構ですから、半日陰状態のもとで、日光浴させてあげると全然元気さが違ってきます。葉焼けを起こさないよう十分注意してください。
水・肥料
胡蝶蘭は根腐れしやすいので、水の与えすぎに注意して下さい。回数は抑え、あげるときは水苔の表面が乾いたら株元にたっぷり。冬は鉢の表面が乾いていても鉢の中は湿っていることが良くあります。鉢を持ち上げ、軽くなっていたら上げてください。肥料は園芸店で販売しているハイポネックス、マグアンプ等の洋ラン用の肥料で結構ですので、使用方法に従ってあげてください。

管理カレンダー

Photo:管理カレンダー

ご注文はこちらから

PAGETOP